東京エレベーターのエレベーター保守管理

management maintitle
management top img
エレベーターの保守の
コスト削減を提案します
top img btm01
エレベーターの保守について
詳しい資料をお送りします
top img btm02
東京エレベーターが
低コストで安全・安心の理由とは
top img btm03
management title02
必要です。
エレベーターの保守管理の実施は建築基準法第8条で建築物所有者・管理者等に義務付けられています。

(維持保全)
第八条  建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない。
2  第十二条第一項に規定する建築物の所有者又は管理者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するため、必要に応じ、その建築物の維持保全に関する準則又は計画を作成し、その他適切な措置を講じなければならない。

また、建築基準法第12条で年1回の定期検査(法定検査)を行い自治体に届け出ることが定められています。

一般的には1ヶ月1回、エレベーター保守点検を行い、専門知識を持った技術者による定期的かつ適切なエレベーター保守・メンテナンスを行うことで、故障等のトラブルや事故を未然に防ぐことが出来るだけでなく、耐用年数を大幅に引き延ばすこともできます。
利用者様の安全と安心の為にも、ご所有の建物のエレベーター保守点検は信頼のできるエレベーター保守会社にお任せください。
logo and
東京エレベーターの選べる2つの点検・保守プラン
お申し込みはこちら
common banner ask

24時間365日いつでも対応!

 
選べる2つの点検・保守プラン
FM契約は、フルメンテナンス契約です、点検から消耗品の補充・対象部品の交換が保守管理料金に含まれるプランです。
POG契約は、点検・給油・調整・電球・ヒューズ・リード線等の小消耗部品の交換までが、保守料金に含まれるプランです。
エレベーター点検契約(POG契約)
management economy
  • 毎月のエレベーター点検費用が割安。部品取替費用はオーナーが負担する契約
  • POG契約とFM契約は点検範囲が同じです全
  • エレベーター修理、部品取り替え費用はその都度オーナーやビル管理会社に事前に了解を得てから行う
サービス概要
エレベーター点検契約(POG契約)は、点検・給油・調整・電球・ヒューズ・リード線等の小消耗部品の交換までが、エレベーター保守料金に含まれます。 その他の部品の交換はビルオーナーのお支払いとなります。定期的な点検、消耗部品の交換はエレベーター保守点検契約(FM契約)と同じです。 エレベーター点検契約に含まれない部品の交換や修理などが発生した時は都度、御見積する仕組みになっていますので、その分、ビルオーナーのエレベーター点検費用の支払い金額は安くなります。 この契約のメリットとしては、エレベーターメンテナンス料金がエレベーター保守点検契約(FM契約)に比べ5~6割程度の点検費用で済むことになります。 例えば、エレベーターの使用頻度が低く、戸数が少ない等の場合、部品消耗も少ないと考えられることから、たとえ部品交換が発生してもエレベーター点検契約(POG契約)の方がお得と言えます。
POG契約に含まれる消耗部品
POG契約にはParts(P)、Oil(O)、G(Grease)が含まれます。
Partsには可動、固定コンタクト、ヒューズ、インジケーターランプ、照明ランプ(※)が含まれ、Oilは点検用油脂類、補充用オイル。
Greaseはベアリング及びメタル用グリースを意味します。

※照明ランプについては、特殊ランプ(LED・冷陰極管等)は対象外です。
※かご内装、かご床タイル、乗場三方枠塗装、 敷居(ドアシル)、操作盤カバー・建物設備に関する物は含まれません。
エレベーター保守点検契約(FM契約)
management perfect
  • エレベーター部品交換費用をエレベーターメンテナンス会社が負担するため、エレベーターメンテナンス費用が毎月変わらない
  • POG契約の費用と比べるとエレベーター保守点検契約(FM契約)の方が割高
  • 耐久年数を超えたらエレベーターリニューアルをしないと保守業者からメンテナンスを断られる時がある
サービス概要
FM契約(フルメンテナンス契約)は、点検から消耗品の補充・対象部品の交換が保守管理料金に含まれております。 料金設定の基本的な考え方としては、「機器の機能維持に必要な部品または修理等の費用を算出し、均等割りして、その月の保守料金に加算して支払う」という考え方が基本になっています。 当然のことながら、いろいろな場面を想定して料金設定されていますので、高めに設定されることになります。
フルメンテナンス契約に含まれる取替部品・修理項目
主索(メインワイヤーロープ)、調速機ロープ、移動ケーブル、ベアリング、制御リレー、プリント基板、インバーターユニット、押しボタン、表示用ランプ など

※以下の項目は除外されます。
かご内装、かご床タイル、乗場三方枠塗装、敷居(ドアシル)、操作盤カバー、建物に関する設備に関する物

安心のサポート体制
エレベーター点検保守業務を、メーカー独占状態から改めることでエレベーター点検保守管理費をコストダウンする事に繋がりました。
コロナウイルスの影響が予想よりも大きく、たくさんのビジネス業界が不況に対応しなければならない。ビル管理コスト削減の中でエレベーター保守費用を削減するメリットが大きいです。これから独立系エレベーター管理会社へのニーズがますます高くなることが予想されます。エレベーター保守技術の進歩として、最近リモート点検システムを導入する事によって、未然にエレベーター故障や事故を防ぐ有効な手段として認められています。
かご内直接通話システム・遠隔監視システム完備
support 01
  • エレベーター保守点検監視センターは24時間365日対応。
  • エレベーター保守点検の相談や故障はもちろん、小さな疑問もいつでも問合せできるから安心。
エレベーター防犯カメラ
support 02
  • 安心・安全を守るエレベーター防犯カメラの設置。
  • 録画機器、液晶モニターなどを設置するサービスを提供しています。
現在お願いしているエレベーター保守会社に対して以下のようなお悩みをお持ちではありませんか?
この様な例があてはまる場合にはエレベーター保守会社の変更を検討してみても良いかもしれません。
東京エレベーターでは三菱エレベーター、日立エレベーター、東芝エレベーター、フジテック、オーチスエレベーターのエレベーター保守管理で20年近い実績を持っています。
営業担当は、お客様のご要望に備えて、迅速に動き部品交換に関する説明やエレベーターフルメンテナンス見積、POG見積を無料で提供します。
trouble 01
trouble 02
trouble 03
trouble 04
trouble 05
trouble 06
trouble 07
trouble 08
独立系メンテナンス会社に依頼するメリット
エレベーターメーカー系列の大手メンテナンス会社より3割以上安い費用で保守点検を行い、賃貸ビルの維持費削減を実現します。
独立系メンテナンス会社
  • 小回りが利く
  • 専属担当者が1基1基現状と経過を把握してメンテナンス
  • 低コストな会社運営により低価格な費用を実現
30%以上経費削減
メーカー系メンテナンス会社
  • 画一的な傾向
  • 各故障や問合せにそれぞれ担当者
  • 具体的な回答までに時間がかかる
当社では、それぞれの担当が専門性の高い知識や実績があり、状況に応じて細かい対応を行うことが可能です。
そのため、故意や不測の事態によって稼働に支障をきたし、利用者様の安全に影響及ぼすことがない様、未然に対応できます。
東京エレベーターの選べる2つの点検・保守プラン
お申し込みはこちら
common banner ask

24時間365日いつでも対応!

Copyright © 東京エレベーター All Rights Reserved.