お茶の水スクール・オブ・ビジネス 理事長・校長 常慶様

◎弊社に声掛けして頂いたきっかけ

6年前に理事長を引き受けた際にコストの見直しが必要だった。 目には見えにくいが、かかってしまっている定期的なコストの見直しを行う事に。 (電気やエレベーター保守等、支出が続くものに関しての見直しが必要と考えた。)

2017年に部品供給停止という案内が出てきた。 故障したら一大事の為、エレベーター改修工事を行わなければならない状況であった。

これら2点から、エレベーター改修工事ができ、継続的に支出がある保守費用の削減ができる エレベーター保守、改修の業者を探したことがきっかけで東京エレベーターへ声を掛けた。

 

◎弊社を知ったきっかけ

インターネットで調べて知った。 当時の保守会社から改修工事の見積が出され、相見積を取ることにした。 現場までの距離や、会社の情報を総合的に判断し、複数社に声掛けを行った。 その中の1社として東京エレベーターのことも知り、声を掛けた。

 

◎弊社に決定して頂いたきっかけ

東京エレベーター担当者が全て正直に、ざっくばらんに話をしてくれた。

他の保守会社からの見積に対し、東京エレベーターの担当者は不審点を指摘してくれた。 →見積の価格は安かったが、流用となっている項目があった。 改修工事であれば交換した方が良いはずなのに、 価格を下げる為に流用としていたのではないかと感じ、不信感へと繋がった。 そこに対してきちんと指摘し、自社見積について、流用していない分価格は高くなるが、 今後の運用の際にリスクが少ない旨、誠意をもって説明してくれたのに好感を持てた。

検討した中で、東京エレベーターともう1社の2択へと絞り込んだ。 結果として担当者の差で東京エレベーターとお付き合いをしていくことを決断した。 (なんでも正直に話してくれる担当者のいる東京エレベーターを選んだ) エレベーターリニューアル後にエレベーター点検があるので長く付き合いをしていく中では、正直に話をしてくれる担当者の存在は大きかった。

 

◎社長との付き合いのきっかけ

エレベーターメンテナンスの契約をきっかけで知り合った。 自分も珍しい苗字をしているが、自分より珍しい苗字だなぁと思い興味を持った。 すると日経新聞に記事を掲載している事を知り、更に興味を持った。 今ではこちらに講演を行いに来てもらったり、逆に講演会に出席させてもらったりと、 とても深い仲になることができた。

学校の経営でとても苦しんでいる時(約4年前)に東京エレベーターとの付き合いが開始。 (入学者数5人、卒業者数3人など、ほぼ廃校寸前の状態だった) 東京エレベーターとの付き合いを始めてからは、 まるで違った空気になり、全ての事に良い風が吹き始めた。 エレベーターも良い物に取り換えてもらい不具合もなくなり、良い担当者にも恵まれた。 徐々に入学者数も増え、今年は過去最高となり、募集者数いっぱいまで応募があった。

 

◎趣味

温泉、プール、料理、旅行、畑

Copyright © 東京エレベーター All Rights Reserved.